FC2ブログ

東京グリーンライフ

地球の時間をたどる旅

IMGP2594.jpg

2000年以降、17年ぶりに訪れた三宅島。

噴火の時、広大な大地が一面、真っ白になって。

スダジイの森に鎮座する神社は鳥居が埋まってしまって。

あれから17年。火山の噴火以降、自然がどのように営みをしてきたのか、を

確かめることが今回の個人的な目的でした。

IMGP2581.jpg

火山灰で灰色一色になった火山大地も、風や雨で流されて

一見、もとのままに戻っていました。空の大きさも海の広がりも当時のまま。

IMG_0921.jpg

一方で、スダジイの森に囲まれた神社の鳥居と拝殿は、溶岩と灰に埋もれていました。

IMGP2601.jpg

この旅は、噴火以降の約17年の間に移ろい変化した自然の営みを見ること、でした。

火山性ガスで樹冠がやられても、復活をとげているスダジイの森で感じたことは、

自然は、自然のままにその営みを続けているということ。

形を変えながら、復活する生命力を内在しているということ。

一方、自分は、、、と考えてみました。

気候変動など極端に変動しつつある自然に向き合って、

いかにして自然と共生するか、を、探りながら、

その術や智慧を自然から学んでいくことが、より必要になってくると思ったのでした。

IMG_0925.jpg

その場に行ってみたからこそ、体感できる、自然がある、ので、

やっぱり、ダイレクトに自然に触れる、感じる、学ぶことが大事なのです。
















スポンサーサイト



  1. 2017/01/11(水) 23:32:00|
  2. 旅で出会った
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハワイ島で出会った植物たち

IMGP8910.jpg

火山大地のすぐ縁にこうゆうコケ類がいました。

ひとつひとつが動きがあって、独立した個々の生き物みたいにみえてしまいました…。

こうゆう小さない生き物たちもが、地球を構成する一員なんだなぁと思います。



  1. 2015/03/04(水) 01:05:18|
  2. 旅で出会った
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハワイ島で出会った植物たち

IMGP8935.jpg

今回はハワイ島の火山大地をトレッキングして歩いた。

クレーターになっているところへ降りて、

あちこちから蒸気が吹き出している大地をゆっくり歩く。

大地の裂けめのわずかな水をもとめて

たくましく生きる植物たち。

日本では多肉植物としてなじみのある仲間もいた。

IMGP8943.jpg

ハワイ島を訪ねて、3年め&5回め。

今回とても実感したことは、地球は目覚めた。活動しはじめた! ということ。

蒸気の密度も濃くなっていて、鼻息が荒くなった感じ。

地球が活動期に入ったいく中で、自分も含め人間も在り方、生き方を

あらためていくときがきたんだな、と感じました。






  1. 2015/02/06(金) 18:58:50|
  2. 旅で出会った
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハワイ島で出会った植物

IMGP8955.jpg

2014年にハワイ島で出会った植物たち。

日本と比べてハワイ島の植物は、自由奔放。

そして元気でユニーク。



  1. 2015/01/20(火) 19:23:40|
  2. 旅で出会った
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0